おひさま保育園 Home > こどもたちへ > 今こそ「てつなぎしよう」

今こそ「てつなぎしよう」

2011年1月3日の朝日新聞より

日本では虐待で5日に1人、子どもが亡くなり、7人に1人が貧しい生活を送る。昨年夏、大阪市西区で起きた、2児放置死事件は、家庭も地域も人を育む力が弱った象徴ではなかったか。

新春早々暗い話になりますが、これが私達の住む日本の実態です。大半のこども達が明るいお正月を迎えた事と思いますが、そうでなかったこどももいるんだろうなぁと思うと心が痛みます。

だからこそ、今こそ、てつなぎしようです。

家族(お父さん・お母さん・おじいさん・おばあさん・こども)のイラスト

地域との手つなぎ、自然との手つなぎ、大人同士の手つなぎ、大人とこどもとの手つなぎ、こどもとこどもとの手つなぎ、行政との手つなぎなど、いろんなところでつないだ手をしっかりと離さずにつないでいきたいものです。

そして少しでもこどもの育つ環境、こどもの未来を明るくしたいなあと思います。それが私達大人の責任です。

私達、おひさま保育園は、今年もこどもの「命」を守り、「いのち」を育てていきます!!どうぞよろしくお願いいたします。

コメント:3

さといもパパ 2011年1月28日 07:10

新燃岳噴火による窓のガタガタすごかったですね。「空振」っていうのを初めて知りました。うちの子は寝ていましたが、いつも以上にすざまじい寝言(喜怒哀楽オンパレード+拍手あり)で、チチハハはそっちも心配でした。

都城方面は、かなり大変なことになっているようです。2月のスケートお泊りもあるし、早く治まってくれるといいんですが。

しろぞろ 2011年2月 1日 17:53

ヒトのインフルエンザ・鶏のインフルエンザ・新燃岳の噴火と、ヒトにとって大変な事がたくさんの2011年ですが、これが「人間が共存すべき自然」の姿なのだと思ったりします。すみません…。

被害を被られている方々に、お見舞い申し上げます。

ヒトは、どんな環境でも生きるのです。地球の40℃以上の気温差の中、雪上からジャングルまで繁殖している動物は、ヒト以外にありません。がんばりましょう。

ところで、「おひさまっこ」で検索かけると、たくさんヒットして、迷うようになりましたね。

そめ 2011年2月 2日 15:05

久しぶりにパソコンの前に座りました!
鬼、あっさりばらしてすみません。ハハハ。
年長さん、目の輝きが増していますね。朝の雑巾がけ、気合いが入ってました。一年生に向けて、磨きをかけてるかんじですね。まずは、明日が楽しみです!
今日は佐土原も少し灰が舞いましたね。最初に降った日は、洗濯物を屋根のしたに干していて、しっかり積もっておりました。はたいたり、掃除機で吸ったりして、大変でした。もっと近くの方々や避難されてる方々は、どんな思いでいるだろうと思うと、胸が痛みます。
でも、どんな環境でも生きるんですよね。これまでどんな時代も生きて来たからこそ、今の私たちがあるわけで。その、生き延びて来た強い生命力を引き継いでいる私たちですよね。ほんと、がんばりましょう。
それにしても、さといもちゃんの寝言はすごいですね。拍手は見た事ないです。寝ていても、おしゃべりは忙しそうですね!くまぐみさんも、あひるぐみさんをとても可愛がってくれて、嬉しい限り。素敵なお姉さん達に感謝です。

コメント フォーム

Trackbacks:0

このエントリーのトラックバックURL
http://sato.kilo.jp/mt4/mt-tb.cgi/1250
以下の記事へのリンクを参照
今こそ「てつなぎしよう」 from てつなぎしようおひさまっこ!おひさま保育園

おひさま保育園 Home > こどもたちへ > 今こそ「てつなぎしよう」

サイト内検索
Feeds
月別リスト

ページ上部へ戻る