おひさま保育園 Home > こどもたちへ > 「子どもの体力低下」って、本当? 「体力」ってなに?

「子どもの体力低下」って、本当? 「体力」ってなに?

-月刊「母の友」(福音館書店)10月号より-

そもそも「体力」とは、具体的にどんな力のことなのでしょう。

人間が生きていくために必要な、体自身が備えている様々な力と言っていいと思いますが、スポーツ医学では、これを「行動体力」と「防衛体力」の二つに分けて考えます。

「行動体力」とは筋肉や持久力、瞬発力、柔軟性、敏捷性など、体を動かすための基礎になる力のことです。

「防衛体力」は外界から身を守り、健康な状態に維持するための自動調整能力です。病気に対する免疫力や、体温を調整する能力、ストレスに対する抵抗力などもこれに含まれます。

生きていくには、この二つともが必要ですが、「行動体力」が充実することによって「防衛体力」も高まるとも言われています。

さて、「おひさまっこ」はどうでしょう?

2012年運動会から

"人間がいきて行くために必要な、様々な力"を日々のお散歩や遊びの中で、自然に身につけて行っているはず・・・・

細い道なき道を渡るときの瞬発力や筋力。みんなで鬼ごっこするときの敏捷性や持久力。ありとあらゆる力をおひさま保育園で生きていく為に使っていると思います。その「行動体力」が充実する事で「防衛体力」が高まるというのは、こども達を見ていて本当に納得します。

さあ、冬も本格的になっきました。でも、寒いからといって家の中ばかりで過ごしていないで、たまには親子で、宮崎のいいところを、いっぱい歩いておいしいものを発見したり、いいものを拾ったり、感じたりして身体のありとあらゆる"力"を使ってみませんか?

コメント:0

コメント フォーム

Trackbacks:0

このエントリーのトラックバックURL
http://sato.kilo.jp/mt4/mt-tb.cgi/1473
以下の記事へのリンクを参照
「子どもの体力低下」って、本当? 「体力」ってなに? from てつなぎしようおひさまっこ!おひさま保育園

おひさま保育園 Home > こどもたちへ > 「子どもの体力低下」って、本当? 「体力」ってなに?

サイト内検索
Feeds
月別リスト

ページ上部へ戻る