おひさま保育園 Home > こどもたちへ > | こんなことやってます > 手つなぎしよう

手つなぎしよう

西都原公園で駆ける

4月30日。この日はMYちゃんとHNちゃん、NKちゃん3人でのおさんぽ。うさぎさんが一緒の時にはNKちゃんはYZちゃんとつなぎ、HNちゃんもお姉さん達とつなぎます。昨年まではHRくんがいて、HNちゃんはHRくんと手をつないでいました。

この日もMYちゃんがベビーカーに乗った後、2人は手を後ろにまわし、「イヤダ!」とお互いを拒否!!(仕方ない・・・)と思い、私が真ん中で手をつなぎ、KMさんとMYちゃんの後を追って出発!!♪たんぽぽ・ひーらいた・♪をうたいながら、お互いの目線を合わせたり、ずらしたり・・・。

信号手前のたんぽぽの綿毛をそれぞれとりながら、三角公園へ。新品の虫取りアミがうれしく、チョウを必死で追いかけるHNちゃん。その後をNKちゃんもアミをふりまわし、必死にチョウを追っかけていると「つかまえた!!」とはじめてシジミチョウをget! しばらくするとHNちゃんとNKちゃんがお互いつかまえたチョウを虫かごから出して何やらヒソヒソお互いつかまえたチョウ自慢?! ほんわか空気が漂う時間が過ぎてゆき、帰る時間に・・・。

いい雰囲気だったので「HNちゃんとNKちゃんで手をつないでみる?」と私達が誘ってみるとちょっと離れていた2人の間が縮まって、2人の手がスローモーションで近づいて「ピタッ」とくっついたのです。心と心がくっついた瞬間でもありました。

うれしそうな、でもちょっと恥ずかしそうにしているHNちゃんとNKちゃんの顔はまた一段とステキに見えました。

医師 鎌田實さんの著書「下りのなかで上りを生きる(ポプラ社)」の中に

"人間が生きるためには3つのつながりがどうしても必要。人と人、人と自然、体と心のつながりが大切。下りを生きるときは特にこの3つが必要なのだ。"
と書いていてあります。

こども達は本当にすごいと思います。遊びでたーっぷりと心を満たされ、共感すれば仲間をきちんと認め合い。手をつなぐ事ができます。そこに、それぞれの時間は必要かもしれませんが、心と心を合わせる事ができるのです。

この二人の手つなぎの瞬間を見て、今こそ私達も、この未来を担うこども達の将来のため、心と心をしっかりと合わせた手つなぎをしなきゃ!!と思いました。

西都原公園

先日の父母会でも話をしましたが、「子ども・子育て支援新制度」が、早ければ平成27年4月に本格スタートします。

"すべての子どもたちが笑顔で成長してゆくために。" "すべての家庭が安心して子育てでき、育てる喜びを感じられるために。"とできた法律ですが、おひさまっこはその"すべて"に入っていません!!

手つなぎするためには、まずしっかり共感してもらう事からはじめなきゃ!と思います。「もうおそい」と思われるかもしれませんが、何もしなかったらそれこそ何も変りません。

心と心をつなぐ、「手つなぎ」を、保育士、保護者、OB、こども達、園医、地域の方々そして行政。みんな、みんなで手をつなげばきっときっといい考えが生まれるはず。

おひさまっこのみならず、宮崎のこども達のためがんばります。

関連エントリー

コメント:0

コメント フォーム

Trackbacks:0

このエントリーのトラックバックURL
http://sato.kilo.jp/mt4/mt-tb.cgi/1489
以下の記事へのリンクを参照
手つなぎしよう from てつなぎしようおひさまっこ!おひさま保育園

おひさま保育園 Home > こどもたちへ > | こんなことやってます > 手つなぎしよう

サイト内検索
Feeds
月別リスト

ページ上部へ戻る