おひさま保育園 Home > こどもたちへ > こどもが育つ場所は土の上

こどもが育つ場所は土の上

2015-12-20_もちつき

今年も園庭のイチョウ、ナンキンハゼも色づきはじめ、黄色や赤い葉を少しずつ落しています。

寒いちごや、しいの実、どんぐりや松ぼっくりなどなど自然からの贈り物がいっぱいの季節になってきました。

こども達が毎日遊ぶ空き地や草地は何もないように見えますが、これから寒くなる冬の間は、カラスのえんどう、すずめのえんどう、れんげ、スギナ、シロツメグサなどは寒さに耐え、背を低く、地をはって伸びていってます。そしてやがてやってくるであろう春を夢みているはず・・・・

今年我が家の家の庭で育ったクヌギの木は、はじめて大きなどんぐりをつけました。そのクヌギは息子が年長さんの時にお散歩で拾ってきたクヌギどんぐりをばらまいただけです。あの日から8年が経ち、芽が出て、大きな木になり、50年後、森になるといいな~とひそかに願っているのですが・・・。

おひさまっこが日常やっている行動は、あちこちに実をばらまき、そしてまた新しくおひさまっこが遊ぶ場所を増やしてくれます。

ただコンクリートの上では、新しい芽が出ません。こどもが育つ場所は土の上であって欲しいと思います。

土の上に落ちた種は、あったかい春、暑い夏、秋、冬を越えてそれぞれのスピードで芽が出て、いずれ大きく太く育つはずです。

今年もいろんな事がありました。

病と闘っている人がいます。その闘いは想像を絶するものだと思いますが、その闘いから私たちは生きる勇気を学んでいます。こども達を真ん中に、私たちがやるべき事をしっかり考えて、新しい年を迎えたいと思います。

今年もおひさま保育園を支えて頂きまして、ありがとうございました。

コメント:0

コメント フォーム

Trackbacks:0

このエントリーのトラックバックURL
http://sato.kilo.jp/mt4/mt-tb.cgi/1557
以下の記事へのリンクを参照
こどもが育つ場所は土の上 from てつなぎしようおひさまっこ!おひさま保育園

おひさま保育園 Home > こどもたちへ > こどもが育つ場所は土の上

サイト内検索
Feeds
月別リスト

ページ上部へ戻る